いぇっぷぐな HER!

K-POP愛を、思うままに。

【PENTAGON】PENTAGONさん6歳になりましたあ!!!

ぃぃやっったあああああ!!愛しのPENTAGONさん、ついに6歳になりました~~~!!おめでたい。おめでたいです。まあ、イェナンちゃんいないけど。ねえ、帰って来るよね?ねえ。フイよんの帰還とカムバに合わせて合流すると信じてます…。とりあえず能天気な私は、メンバーの口から名前が出てくるうちは大丈夫って思っちゃうタイプです。本当にダメなやつだったら口止めされるはず。だから、大丈夫。(言い聞かせてる)

話は本題へ。6周年。PENTAGONさん、今でこそメンバーの兵役が始まって年1カムバが恒例になってきましたが、基本的に止まらない機関車すぎてスゴイ。いい意味で誰の不在も関係ないみたいに走る。もちろん、不在を感じさせないメンバーの努力があってこそですが。おかげでいつもしあわせだよ。どうか、疲れちゃった時は頼れる誰かに頼って、美味しいもん食べて、時間があれば好きなことして、できる限り寝てください。

てなわけで、3周年の時に当時の最新曲まで辿る遊びして(手首が死に)ましたが、あれからさらに3年ということで、やっていきましょう2020~2022年の振り返り。読む人おるんかなこれ。私が楽しいだけです。いっくぞォ~~~~。

 

2020年

忘れもしないもしない、ロキンの年。そして、PENTAGONがデビュー4年で初めて音楽番組1位を手に入れた年。ホンソクさんも言ってた気けど、この1年はまじでよく泣いた。すっごい泣いた。実際に会ったり話したりしたわけじゃないけれど、PENTAGONさんと色々な感情を共有した1年だったんじゃないかと勝手に思ってます。

 

1st FULL ALBUM「UNIVERSE:THE BLACK HALL」 2020.02.12

youtu.be

カムバで言うとジンホさん入隊前最後のカムバック。正直ここで1位をジンホさんに…!という思いがあまりにも強かったですね。だけど、結果は獲れなくて。こんなに願ってるのに、こんなに頑張ってるのに、何より、こんなに素敵な曲なのに。一体何がダメなんだよって、何かを恨んだりもしました。だけど代わりに、PENTAGONさんの愛をいつも以上にいっぱい感じた活動でもありました。
タイトル曲のDr. BEBEはさることながら、収録曲も本当に素敵な曲たちばかり。これまでの「楽しい」「面白い」「可愛い」雰囲気から1段大人になったPENTAGONさんが味わえちゃいます。大人な雰囲気の中にもしっかり「PENTAGON」さんを感じられるから、本当にいいよねPENTAGONって。
その時々で自分のブームはあるけれど、後続曲として少しだけ活動してくれたShower of rainは特に曲の雰囲気が好き。

알쿵달쿵 다시 또 아웅다웅/仲良くしたり またいがみ合ったり
그 시간들은 떠올라 눈물방울/その時間を浮かべて涙ひとしずく
밀어내기는 그만하자/追い出すのはやめよう
이젠 사랑하며 살아가자/これからは愛しながら生きよう

この歌詞がめちゃくちゃ好きだあ。Worship UやTALKもいつか聴きたいけど、さすがにもうセトリに入ることはないのかなあ…。言っても仕方ないけど、Dr. BEBEでツアー出来てたらなあ…。いつかどこかで出会いたい曲がたくさん収録されている1枚です。

 

Road to KINGDOM

今思い出してもこの時期の感情が鮮明に蘇るほど忘れられない、ものすっごく濃い~~~時間。もう2年近く経つなんて信じられないくらいはっきり残ってる。ステージはどれも個性があって楽しくてカッコよくて可愛くて、常にPENTAGONらしさを失わなかった最高たごにの姿が凝縮されていて、もう本当に濃かったし、素晴らしかったです。「PENTAGON」がより強固になった気さえしてます。90秒ステージの頼もしさ、ベリグの表現力、ポムナリのあったかさ、Kill this loveの衝撃、Followの斬新さ、そしてバスキアの新しさ。どのステージも甲乙つけられないし、全部に言及したいので少しずつ全部触れますね。

 

● 90秒ステージ 2020.0430

youtu.be

デビュー歴で言うと、参加グループの中で頭1つ分くらい抜けていたPENTAGONさん。これから始まる闘いへの覚悟という意味でも、他グループへの牽制という意味でも他を下げるという意味ではなく「自分たちが王だ、王になるんだ」という強い意志がひしひしと感じられる最強ステージ。

 

● VERY GOOD 2020.0514

youtu.be

死ぬほど嬉しい推しグルが推しグルの曲カバーするパターン。それだけでシンプルに沸いちゃう。ベリグの場合はとにもかくにも勢い大事だし、活動再開の狼煙曲でもある分地味にBlock.B色が強いので、カバーするのって意外と難しそうだなと思っていて。…こればっかりはどうしてもBBCフィルターかかっちゃうんですけどね。
で、たごにのベリグ本当に良かった。完全にPENTAGONのVERY GOODになっていてめちゃくちゃ良かった。「王の歌」というテーマのもとでPENTAGONがベリグを再解釈したらこうなるんだ!!ってめちゃくちゃワクワクした。言いたいこと山ほどあるけど、とにもかくにも編曲力もステージ構成・演出力も、魅せ方も、どれも本当にすごい。他の参加グルの皆さんがお口あんぐりしちゃうの分かる。

 

● ポムナリ 2020.05.24

youtu.be

これはもう言わずもがなレジェンド。「私の歌」がテーマの2次ステージ。とは別軸で、一生忘れられないジノさん入隊前最後のステージ。順位とかサバイバルとかあるけど、何よりも大事な「長男の入隊」をステージとして昇華させたその気持ちが本当に愛。こちらも頭痛くなるくらいわんわん泣いて、多少なりとも思いも経緯も分かってるからこそ、本当にしんどい気持ちにもなったけど、ジノさんの一言にやっぱり最年長だなあってまた愛が深まったりして。と、まあ未だにステージ見るとボロボロ泣いちゃうんですけど、そこは一旦置いといて。このステージの最初とか思いっきりPENTAGONって感じで楽しい~~~~んだよ!!!たごにのステージ上での空気感でこちらまでウキウキしちゃう。スーツケースを上手に使った構成もさすが。そしてあのスーツケース未だに海外スケジュールで使ってんの可愛い。

 

● Kill this love 2020.06.11

youtu.be

これはあれです、見た方が速い。私の説明とか感想とかいい。まじで、ロキンで披露された全グループ全ステージの中でも伝説と言っても過言ではないでしょ…とまで思うくらい、本当にやばい。PENTAGONとONFの相性がもう…。出会ってくれてありがとうすぎる。あとフイよん本当にお疲れ様でした、本当に。

 

● Follow 2020.06.11

youtu.be

英語が苦手な安達くんの「Followがファラオに聞こえた」ひと言で始まった古代エジプトファラオコンセプトのFollow。さっきから良いしか言ってないけど、これまた本当に最高なんだよ…。妖艶、妖艶、からの妖艶。安達くんのあの一言でここまで編曲してしまうフイよんも、ここまでのステージ創り上げるPENTAGONさんチームも、本当に何者?普段ひな壇として各グループが座ってるセットをステージセットとして活用するところも好き。1位になりたいPENTAGONの切実さと安達くんの聞き間違いが絶妙にリンクして出来上がった最強ステージ。PENTAGONさんのカバーステージって本当に楽しい。

 

バスキア 2020.06.18

youtu.be

きました、真打ち。「参加グループの中で1位になる」ことを目的としたサバイバルの最終回で「自分作った王冠を自分で被る」とメッセージを残したPENTAGON。ステージが終わった時のやりきった表情が本当にカッコいいし、曲に込めたメッセージも込みで「だから好きなんだよお…」を噛みしめた最後。
MCか何かで「PENTAGONの音楽にはPENTAGONというジャンルが当てはまる」というようなコメントがあったんですが、まさにそういうことだと思う。PENTAGONが欲しいのは、大衆に作られた王冠でも、誰かが残した王座でもない。自分たちが自分たちの手で創って磨き上げた王冠だけ。ナンバーワンよりオンリーワンって、いつも言ってますからね。でもたぶん自分たちで苦労して創り上げた王冠ですら、すぐに捨ててまた新しい王冠を創り始めるんだろうと思うと、この先もずっと楽しみで仕方ないわけです。
あと、これは私の勝手な解釈で、このメッセージはこのサバイバルをする中で大なり小なり苦しんだ参加グループ全員に向けたものなのかな、とも思っています。サバイバルだからもちろん順位は決まるけど、間違ってもそれが全てではないし、それぞれがそれぞれの道における「王」なんだって、言っているような気がしてる。たくさんのグループが居て、次から次へと新星が表れる世界で、トレンドに合わせることも、時代に沿って人気を得ることも大切。だけど結局はアイデンティティ勝負。オンリーワンの世界でナンバーワンを目指していくことが、より強固な独自の世界を築いていくんだろうな。

 

バスキア語りすぎた…。

 

10th mini album「WE:TH」2020.10.12

youtu.be

綺麗でしたよね、このアルバム。曲もそうだけど、まつわるストーリーとか全部。長兄ジノさんがいない初めての活動で不安もあったと思うけど、長くお休みしていたイェナンちゃんが色んな意味でパワーアップして帰ってきて。ティザーとしてあがったインタビューは涙無しには見れなかった。ロキン引きずってまじで涙腺終わってたんで、今思うとびっくりするぐらいすぐ泣いてましたね。10月20日、初めての1位も当然わんわん泣きました。獲った時、というよりもそのあとのVLIVEで死ぬほど泣いた。やってやったわ!!!!!見たかこのやろう!!!!!(そこまで言ってない)のシノンさん最高に好きです。

 

「Eternal flame」2020.12.18

youtu.be

PENTAGONの愛をいっぱいに詰め込んだ幸せソング。しかもジノさんの声入り。ユニバースがサプライズ仕掛けたつもりが、倍以上の贈り物貰っちゃって、またまた感動。とても久しぶりの、9人全員の声が入った曲で、幸せだなあ、ほんと幸せだなあって噛みしめた曲。今ももちろんしあわせいっぱいですが、ロキン~この辺りの活動してるPENTAGONさんの多幸感本当に凄かった。コロナとか、会えないとか、兵役とか、色んな心配事は無くならないけど、それでも今PENTAGONが纏う空気は本当に穏やかであったかくて、この子たちに着いて行けば大丈夫って思わせてくれるものでした。好き。

 

2021年

ここでフイよんの兵役イヤー。オンラインライブが終わって、個人スケジュールもかなり多くて、すっごく忙しそうにしてたけれど、時間を見つけてはVLIVEつけてくれたフイよん。優しさとかあったかさをたくさん貰いました。そうやって、最後の最後まで曲作って撮影していったLOVE or TAKE。前回のカムバとは打って変わって明るさ全開キュートで爽やかでハッピーなPENTAGONさんで私の2021年は幕開けです。

 

11th mini album「LOVE or TAKE」2021.03.15

youtu.be

このアルバムは本当にスルメ。まあどの盤もスルメなんですけどね。聴けば聴くほどめちゃくちゃ良くて遊び心があって、特に収録曲に関しては遊び心に溢れまくっていて最高。タイトルのDo or NOTはステージも毎回超かわいくて、あれ嫌いなオタク絶対におらんだろ!!!の気持ちで見てました。オタクが好きなコンセプト3つも叶えてくれたたごにさん神様。全体的なテーマは「マンガから出てきたようなイケメン」こと「マンチンナム」。彼らのビジュアルの強さを真正面から正拳突きでくらったような衝撃。知ってたけど、たごにってビジュアル強いしスタイルが良い。まじで本当にリアルマンチンナム。このテーマ決めた人本当にPENTAGONをよく分かりすぎてる。じんほさんのLOVe or TAKEコンセプトフォトは永遠に受付中です(来ない)。

 

「Cerberus」2021.08.18

youtu.be

みんな大好きマヨネーズが!!!ついに!!!曲出しちゃった!!!最高だよ…私たちのマンネ最高だよ…って、ゴリゴリの曲調に乗せて泣きました。曲は良いし歌詞も楽しいしビジュも良いしMVも…何もかも良い…はあ…。ちょっと脱線するけど「Follow」が「ファラオ」に聴こえたのも「マンネズ」の掛け声を「マヨネーズ」でボケたのも、全ての要所を安達くんが押さえていて最高。マヨネーズの隊長はキノちゃんだけど、ツボ押さえて2人をぶん回してるのは安達くんだと思う。そんな気がする。そんな安達くんの代打をシノンさんが務めた9月ライブは本当に伝説。

 

2022年

ついにジンホさんのご帰還で~~~~~~~い!!!!いうや、正確には2021年の11月には除隊していたジンホさん。2022年の幕開けはついに帰ってきた最年長ジンホのご帰還カムバックでした!秋に誰かが除隊して、年明けにカムバする流れ、しばらく続きそうですね。フイよんも11月に帰ってくるし、PENTAGONさん今カムバ準備中だし。心づもりしておきます。

 

12th mini album「IN:VITE U」2022.01.24

youtu.be

いつかも言ったけど、まじでこのオーディオスニペット、要は曲のハイライト紹介。まじで映像として最高コンテンツすぎて大好きです。

PENTAGONのアルバムとしては本当に久しぶりの、外部制作のタイトル曲「Feelin’ LIKE」。作詞は参加してたっけな?どうなっちゃうんだろう、私が好きだと思ってきた「らしさ」がなくなっちゃわないかなって、思わなかったと言えば嘘になります。おかしなことになるなんて心配は1つもなかったけれど、何かこうイメージが湧かなくて、ずっとソワソワしてました。蓋を開けてみれば収録曲は相変わらず「PENTAGON」全開だし、何かが変わったわけじゃない、タイトル曲がたまたま外部だっただけ。というか、いい意味でフイよんっぽくもキノちゃんっぽくも、ウソクっぽくも安達くんぽくもなく、ジンホさんぽくもない、勝手なイメージだけど、たぶんPENTAGON自身からは出てこないような雰囲気や世界観を新しい姿として楽しめて、こういうのもアリなんだ!と素直に思えた新鮮な1枚。何が言いたいかというと、好き。18か月ぶりにジンホさんが帰ってきたこのタイミングで、また新しいPENTAGONさんの一面を見れるなんて、本当に楽しい。やっぱりPENTAGONさんって機関車。収録曲で言うとThe GameやらCall my nameやらSparkling Nightやらレジェンドいっぱいであまりにも名盤。SWS作のOne shotとウソクちゃん節が光るBADも、いつかライブで聴きたいんだけど…もう…無理…?泣

 

KINO SPECIAL SINGLE「POSE」2022.08.09

youtu.be

ついに開いた伝説の扉…。いつか開くと思っていたし、開くならきっと彼…とこっそり思っていましたが、ついにこの時が来たね…。我が推しカンヒョングのソロデビューです。曲はもうバッチバチのカンヒョングワールド。セクシーだけど上品で、じんわり甘くてほんのり毒なのです。振り付けはバレエをベースにしているらしく、コンテンポラリーなテイスト。曲中の感情を表現したような大きく大胆な動きと指先まで繊細な動きがカンヒョング全開でこちらは涙を流しながら万歳三唱です。
ところで密着コンテンツでプレゼンしてた推しめちゃくちゃカッコよくて。改めて惚れちゃった夏でした。ああやってPENTAGONさんの世界も創られていくんだろうなと想像した。頭の中にある世界観を曲や衣装、MV、色んな手法で表現しようと手を尽くすんですね。そうやってこちら側に毎回新しい幸せが届いていると思うと、1つ1つの曲への愛しさが増しちゃって大変。とにもかくにも仕事してる推しが1番かっこいい!!!です。

 

---------------------------------------------------------

はい。日本でのリリースはすっ飛ばしましたが、3年間を振り返ってみました。やっぱり思い出振り返るのって楽しいね。来月はいよいよフイよんが帰ってきます。Block.B半数以上を見送った時点で、いい加減兵役に見送る感覚にも、「おかえり」の感覚にも慣れるだろうと思っていましたが、慣れることってないんだよなということに最近気づき始めました。PENTAGONさんは相変わらず忙しそうですが、現在「カムバ準備中」とのこと。後輩相ドゥルちゃんが絶賛カムバ前なので、彼女たちの活動が終わって、フイよんが帰ってきて落ち着いたらまた新しいステージを見せてくれるとワクワクしてます。イェナンちゃんの帰りも引き続き待ってるから…!!!!!

いつだってあったかい優しさと愛をたくさんくれるPENTAGONさんも、もう7年目。来年はついに再契約の年ですね。考えれば考えるほど深みにハマるし怖くなるからあんまり考えたくないけど、考えずにはいられない…の苦しいループがやってくる…(笑)。もちろん9人揃ってCUBEに居てほしい。でも、彼ら自身がもっと違うステージを求めてる可能性だってあるわけで。私たちには見えない部分の方が絶対に多いし、信じてるとか信じてないとか、こればっかりは関係ない。最近は事務所との契約を終えてもグループ活動は続けるパターンが増えてること考えると、PENTAGONであり続けることとCUBEに居続けることは、また違うことっていう考え方のほうがしっくりくる。9人がどんな道を選んでもユニバースとして受け入れらるように、応援し続けられるように、そんな強い気持ちを、この1年で固めていこうと誓う、そんな6周年。

 

PENTAGONさん本当におめでとーーー!!!!!!!!!

 

【PENTAGON】UNIVERSEってやっぱり幸せだ

し、し、しあわせだ~~~~~~~!!!!!と叫びたくなるくらい大きな大きな幸せをもらった2日間。PENTAGON OFFICIAL FAN CLUB UNIVERSE 4TH FAN MEETING「PENTAGON's PRIVATE PARTY」が終わりました・・終わっちゃった・・。

(かわいすぎてむり)


そしてその前日、ついに知らされたホンソクさん入隊のお知らせ。5月3日(祝日ありがとう)、陸軍現役での入隊とのこと。あ~~~ついに来てしまったな。そろそろだとわかってても、何回経験しても、寂しいもんはやっぱり寂しい。PENTAGONさんからの入隊も、早いものでもう3人目。外国籍のため兵役義務のないイェナンちゃんと安達くんを除くともう半数に差し掛かるんですね。いっそシノンさんとヨウォンくん、キノちゃんとウソクちゃんで一緒に行ってくれんかなと思い始めている今日この頃です。


ところでやんほさん20代最後を切り取った写真素晴らしすぎて写真集にしてほしい(切実) 


そんなこんなで迎えたファンミーティング。涙、涙のばかデカ感情大爆発大会になるかと思いきや、いや、ばかデカ感情は最終的には抱えたわけだけれど、ファンミーティング中はもうすっごく楽しくて面白くて、1人でゲラゲラ笑っちゃいました。VLIVEの公開収録してんのかと思った(褒めてる)。ゲームが苦手で有名なたごんさん(苦手なわりに自分たちでルール追加してカオスを加速させちゃうので可愛い)、今回も苦手を発揮・・というかリハ2回しといてルールよくわかってないカンヒョングさんが居ておもろいすぎました。ヒョングさんってそういうとこあるよね。いくつかしたゲームのうちの1つに、シルエットだけでのジェスチャーゲームがあったのですが、カーテンで仕切られているスペースの高さが端的に言うとじんほさんサイズ(じんほさんサイズ)だったため、180越えの長身ズたちがもれなく屈みながらジェスチャーしてるところがとっても可愛くて…(伝われ)、さらにそこにすっぽり収まるサイズ感の方々ももれなく可愛い(伝われ)ので、総じて可愛い空間でした。まじで。あとシノンさんもだけど安達くんってまじでおもろいよねを実感した。
ちなみにですが私的MVPはチーム決めでは最後まで選ばれなくて、チーム名決めではチームメイトになった2ソクブラザーズから「ドレミのドだね!」と盛大にイジられ(ディスられ)、さらには先攻後攻を決める愛嬌対決(VS愛嬌マシン・カンヒョング)で必死に愛嬌絞り出したものの負けてしまったという、まあまあ不憫なチョジノ(31)です。ちなみに愛嬌は必死さ込みで最強可愛いの極みでしたよ。あの人ほんとうに31歳?

きゃわわ。


ここからはステージの話。セトリ的には
The Game
Call My Name
~MC~
~ゲームコーナー~
Feelin’ Like
10sec(たごに作イラストのリリックビデオ)
Daisy
~MC~
Baby I love you
(2日目はDO or NOT)
~お悩み相談室~
BAD feat. 安達くんギター
(2日目はTALK feat. 安達くんギター)
Beautiful Goodbye
~アンコール~
Eternal Flame
Spring Snow

(違ってたらスミマセン)

 

オンラインとはいえ遂に「The Game」のステージ見れたことがもう嬉しくて嬉しくて。じんほさんのあのイントロはやっぱり無敵。2日間ともOP後のMCで改めて聴かせてくれたんですが(シノンさんナイス裏回し)、あのオペライントロを即興で、しかも音源と変わらないクオリティで披露できてしまうチョジノの恐ろしさですよ。やっぱりお兄さんすごいんです。伝わりにくいんですが、ヨウォンくんが指揮者みたいになる振付も最高に好きでした。

 

「Call My Name」は安定のスタンドマイク。黒スーツにスタンドマイクでばっちばちのカッコイイPENTAGONさんたまりません…。全員黒髪(暗髪)でかっこよさをさらにトッピング…。眼福すぎた。ありがとうございました。合掌。最後のコーラスしてるヒョングさん好きすぎる。カッコイイ、ただただカッコイイ。ところでPENTAGONはやっぱり仕事人なので。The GameとCall My Nameは再編したそうです。わざわざこの日のために。ありがとう。ありがとうだよ本当に。

 

ついにMV再生回数が3000万回を突破した「Feelin’ Like」です。ゲームコーナーのわちゃわちゃ感からのギャップがもう高低差エグくて。今回、コンディションのためにダンスは不参加となったヨウォンくんがセットの2階に上がって歌っていたんですが、その姿もあまりにも綺麗でさ…。1周回ってこんなことしか言えないの申し訳ないんだけれど、やっぱりヨチャングって顔がいいよな(真理)。我が推しのフェイスラインは相変わらずキレッキレでしたというご報告。

 

たごにさん衣装替えタイム、「10sec」のリリックビデオとともに。イラストが手描きなこともさることながら、ここでも仕事人PENTAGONさんはしっかりきっちり抜かりないのです。ついについに…「10sec」満を持しての9人バージョン~~!じんほさんの声がしっかり入ってたよ~~~!!うれし~~~~!!!歌いだしがじんほさんになっていてきゃ~~~!となりました(幸)。イラスト描くのも時間がかかったらしく、どこまでも凝っているPENTAGONさん本当に愛。そしてそれをいつでも見られるYouTubeにアップしてくれた公式も愛。

 

4期のビジュアル衣装に着替えてきたたごにたち。1発目の曲はみんな大好き思い出いっぱい「Daisy」~~~!聴けば聴くほど良さやら愛やら噛みしめちゃう、おなじみの超ド級するめソング。この曲は特に言葉選びが大好きで。例えばシノンさんの「へんぼけやどぇ」は元々、君の幸せを願うよという意味で「へんぼかぎる ばれ」だったそうなのですが、シノンさんがレコーディングをする中で君は幸せにならなきゃという「へんぼけやどぇ」に変わったエピソードはもうたまらない。意味としてはどちらも相手の幸せを願う言葉ではありますが、「君は幸せにならなきゃ」という言い回しになることで、私的な意見ですが、より「PENTAGONの曲」感が増したように感じるんですよね。あのパートはPENTAGONの中の誰でもないシノンさんの言葉で、相手の不幸を祈るほどに傷ついたとしても、結局はその人の幸せを願ってしまうところがものすごくPENTAGONの人格みたいなものを感じてしまう。あまりにも個人的な意見だけどそう思っちゃうんですよね。とにもかくにも大好きなこの1曲に新たにじんほさんの声が加わって、相も変わらずサイコ~~~でした。

 

さあ、じんほさんの声が加わった曲がここでもうひとつ。「Baby I Love you」(1日目)と「DO or NOT」(2日目)~~~!BILYは今回初ではないですが、DO or NOTは今回が初のステージ。終わった後のMCで「緊張したああああああ・・・」してたじんほさんあまりにも可愛すぎて悶えました。本当に、本当にたくさん練習したそうです。やっぱり21か月のブランクって長いよね。そりゃそうだよね。それを乗り越えて弟メンバーたちに追いつく最年長の背中、見かけは小さいけれど( )、やっぱり大きくてかっこいい。っていうか何より1日目と2日目で曲変えてくるうえに、そのうちの1曲がじんほさん初ステージというPENTAGONさんのサービス精神に泣いた。何なんだまじで。頑張ってくれてありがとう、本当にありがとう。フイよんのいるBILYやDO or NOTも楽しみにしてるヨ(強欲)。

 

楽しい時間もあっという間に中盤に差し掛かり、PENTAGONのお悩み相談室という何とも穏やかで楽しくて心温まる時間に披露してくれたのが、満を持しての安達くんギター伴奏のステージ。PENTAGONって何なんですか本当に…この日のために一体どれだけ練習したの(泣)しかも選曲があまりに素晴らしい。これまた2日間で曲を変えてくるサービス精神の塊たごんさんなんですが、1日目はウソクちゃんが書いた「BAD」、2日目はじんほさんとウソクが作詞した「TALK」。まさかここで名盤中の名盤「UNIVERSE:THE BLACK HALL」から曲持ってくるなんて思わないので泣いちゃいますよ、そりゃあ。さっきから泣きっぱなしだよ、こっちは。安達くんは安達くんで「ギター弾けるようになりたい」の気持ちから独学でステージ披露するまで上達してしまうその根気強さ…。かっこいいよ安達くん。VLIVEでも隙あらば弾いて、SNSでもたくさん投稿してくれて。いつかメンバーの誰かが言ってた気がするんですが、安達くんは本当に努力の人だなあと実感したターンでした(ターン?)。安達くんのギターに乗せて気持ち良さそうに歌うたごにさんたち、本当に美しかったです。合掌。

 

本編ラストを飾るのは、エンディングというシーンにふさわしい「Beautiful Goodbye」。明るさと切なさの共存という、キノ曲の特徴がめちゃくちゃ現れている1曲。本当に綺麗な曲を作るよなあ、カンヒョング。特にこの曲はカンヒョングの感性ぷんぷんでもうたまりません。たごにさんたちが歌い終えた後、これで終わりの寂しさはあるのに気持ちは前を向いているような、あの感覚がすごく好き。あとすごくシンプルにこれ歌ってる時のたごにさんたちの表情が好き。

 

ここからはアンコール~!アンコール1曲目はPENTAGONさんからUNIVERSEへの最高の贈り物「Eternal Flame」。。PENTAGONの、PENTAGONによる、PENTAGONとUNIVERSEのための曲。決して平坦なアイドル人生を送っているわけではないPENTAGONと、その姿を見守るUNIVERSEの思い出がたくさん詰まった大切な曲ですね。ずっとずっと大事にしてほしいし、私も大事にしたい1曲です。初めて披露してくれたライブ、直前に歌ったクククでUNIVERSEが合唱というサプライズをしたはずが、兵役中でその場には居なかったじんほさんの歌声という大きな大きなサプライズを返された、あの時爆誕した特大感情と思い出が蘇ります。どの曲にも思い出詰まりすぎていて感情が大変。


そんな中でのアンコール2曲目は、テッパン中のテッパン。これがなきゃ物足りない!ってくらいPENTAGONさんのステージには欠かせない、大きな存在感を放つ「Spring snow」!もはや鳥肌ものだけど、PENTAGONさんと春の雪には不思議な繋がりがあって、この曲が出たことで一段と色濃く意識するようになった気がします。リリース後もさらに繋がりが深まる出来事が続いているから本当に不思議。とにもかくにもこれ歌ってるたごにさんたちの楽しそうな顔見てると、もうほんっとに多幸感がやばい。爆発する。しんみりと感動的に終わるのも素敵だけど、やっぱりこういう底抜けに楽しい曲で終わるのが好きだな。

 

さて皆さん、ここで振り返ってみてください。今回あの曲がいないことにお気づきでしょうか。PENTAGONにとってアイコン的存在の「ピナリ」。もちろん、内輪ばかりが集まるファンミーティングであることと、それ以上にステージ披露してない曲がありすぎて、という理由はあったと思います(シノンさんが2~30曲くらいって言ってたと思う)。だとしても終わってみた後に「そういえば」とふと思うくらい、ピナリを外すことにこんなに違和感を感じないのは、それだけPENTAGONさんの選択肢やら世界やらが広がっているってことなんだろうなと1人でニマニマした次第です。いや、ピナリで沼入りしたオタクなので思い入れはでっかいしほんとに大好きなのでいつでもやってもらいたいんですけどね!!!!!!!ジノキノの「のる さらんへ~~~~~~~~~」はいつでも聴きたい。いつでもウェルカム。それとこれとは別という前提で、良い意味でも悪い意味でもPENAGONさんの傍にずっといた「ピナリ」が、『いつかまたライブで聴ける日を楽しみにしてるよ~!』の立ち位置になったのかもなと思うと、これまた嬉しいというかなんというか。そういう意味で言うとスケートボードだってまた聴きたいし、Violetだって聴きたい(キノ曲ばっかだな?)。

拝啓 PENTAGON様。切実にお待ち申し上げております。敬具


追伸 : 幸せをありがとう!

【PENTAGON】春の雪と一緒に訪れた幸せ:地上波1位の世界線にINVITEしていただいた話

 
今さらですし冬季オリンピックによる音楽番組の欠番に次ぐ欠番で何なら活動終わっちゃいましたが書かずにはいられないので書きます。(その時書けばいいのにね。てか冬季オリンピックまで終わって活動も終わってヨウォンくんは交通事故に遭ってしまって活動中断したけど今週末から活動再開でイェナンちゃんは家庭の事情で急遽中国へ帰ったね。色々あります、ほんとうに。BTOBお兄さん完全体カムバックおめでとうございます!)
 
さあ。ついに…ついにやってやった…
PENTAGONさん地上波初1位…!!

f:id:tmjupzp14:20220224100245j:plain

 
f:id:tmjupzp14:20220224100314j:plain
 
気づけばデビューから6年目になっていた彼ら。約1年半前にTHE SHOWで1位は獲ったものの、地上波ではまだ獲得したことのなかったトロフィーがやっと、やっと彼らの手の中に(泣) 本当に、本当におめでとうだよPENTAGONさん…!一体どれだけの時間を練習室で過ごしたの…と考えると涙が出そうなほど綺麗に揃ったダンス、圧倒的な美で整えられたシャープなビジュアル(じんほさん-13kgですから…泣)、中毒性のあるメロディーと歌詞、相変わらずのライブ(生歌)の上手さ…。1位を獲ったあとのVLIVEではそれぞれの思いをまた話してくれて、ジンホさんの「年齢とか経歴的に今回が最後だと思ってた」という言葉には正直ドキっとしたけれど。それでもこの1位を転機にまたデビューした気持ちで頑張りたい、と話してくれた8人 (きっとフイさんも同じ気持ちだと勝手に思っている)が誇らしくってもう…。仕方ないとはいえ音楽番組少なかったのが本当に惜しい!と思いつつ、ジンホさんのブランクを考えると、旧正月もしっかり休めてこれはこれで良かったのかもしれないと思ったり。
 
さて、彼らに訪れる「幸せ」を語るなら避けられない「雪」とのエピソード。これ本当に誰か仕組んだ?って思ってしまうくらい奇跡みたいな、童話みたいな、魔法みたいな。シノンさんなんてもはや「鳥肌~~~」言うちゃってる (笑)。でももうそうなるよね。わかります。
 
事の始まりは、のちにチャートを逆走し流行ソングとなる「SHINE」のMVを撮影した春のとある日に降った雪。2019年にはその日降った雪を幸せの予感として歌った「Spring snow」をキノちゃんが書きました。そして約1年後、ロキン出演中に入隊することになったジノさんを送り出す大切なステージ「ポムナリ」を披露したその日、113年ぶりに韓国で最も遅い春雪が観測されています。
 
ここまででも充分、PENTAGONさんと雪のストーリーは素敵なものだけれど、その後も続くんですよね。
 
2020年12月13日。当初予定していたオンラインコンサートがコロナの影響で延期になり、振替日となっていたこの日に初雪を観測、公演内でユニバースへの贈り物のような曲「Eternal flame」を公開。この曲の発売日となる12月18日の深夜にも雪が降りました。
その後メインボーカルであるジノとフイが不在の中での初めてのカムバックを控え、トラックリストが公開された2020年3月2日にも雪を観測。その後、活動曲「DO or NOT」はgenieで初の音楽チャート1位を獲得します。
 
こんな奇跡の連続に、PENTAGONとユニバースにとって「雪」は幸せの象徴のような存在になっていましたが、記念すべき地上波初1位を獲った2月4日は、なんと立春。そしてこの日も、雪の降る日でした。UCUBEでもジノさんやキノちゃんが「雪だ~」なんて投稿していて。期待するような、せずにいたいような、でもやっぱりどこか期待してしまうような。
 
今回の1位を、過程があったからこそ価値を感じられる1位だと伝えてくれたウソクちゃん。その過程の全てを想像することなんて到底できないけれど、一人のユニバースとして笑ったり泣いたり悔しかったり悲しかったり色々な場面を見てきたからこそ、より幸せに感じられる1位でした。あ~~~~、しあわせ。うれしい。おめでとう。1位が発表された時のみんなの顔も、コメントも、シノンさんの涙も、アンコールステージも、ジノさんの胴上げも。全部全部たからものです。
 
相変わらず、というか幸せな思い出ができるたび、自分に言い聞かせるように「永遠なんてない」を胸に刻み続けている私ですが、PENTAGONさんにも心のどこかで同じ気持ちを持っていて。もちろん長く続いてくれたらそれほど嬉しいことはないけれど、イェナンちゃんのいうように彼らだって人間で。シノンさんが似たこと言っていたかもしれませんが、PENTAGONとして歩き続けた先で振り返った時に、その道が彼らにとって幸せで穏やかで、誇らしいものであったらいいなって思います。
デビューして6年経っても、慢心どころか次々新しい姿を見てくれるPENTAGONさん。その向上心には本当にいつも驚かされるし、尊敬する。PENTAGONは止まらないですからね!これからも目が離せないね!(正直欠番なかったらもっともっと1位獲ってたんだろうなと思っていることはここだけの秘密です( ))
 
とにもかくにも、おめでと~~~~~!!!

f:id:tmjupzp14:20220224100927j:plain

f:id:tmjupzp14:20220224100947j:plain

f:id:tmjupzp14:20220224101002j:plain

 

じんほさんお大事にだよ…

 

Feelin' Like - PENTAGON【和訳 / カナルビ / 歌詞】

Feelin' Like - PENTAGON

作詞:ライアン ジョン, Kristin Marie, Vegard Hurum, Jop Pangemanan
作曲:HAEE, キノ, ジノ, ウソク
編曲:ライアン ジョン, Vegard Hurum


www.youtube.com

 

You のん ね しむじゃんうる ってぃげ へ

You 넌 내 심장을 뛰게 해

You 君は僕をときめかせる

 

I don't want you to know

 

とぅっきぎ しるん ごる

들키기 싫은 걸

見破られたくない

 

のるる おるらたん そんっくち ちゃっく みっくろじょ

너를 올라탄 손끝이 자꾸 미끄러져

君をのせた指先が何度も滑る

 

おでぃる ばらぼぬんじ くんぐめ

어딜 바라보는지 궁금해

どこを見ているのか気になるよ


I want you I want you

 

I want you I want you  のっちじま

I want you I want you 놓치지 마

I want you I want you 離さないで


And I know yeah I know yeah

 

I know うぉなじゃな

I know 원하잖아

I know 望んでるでしょ

 

たんぬん すんがん ね Touch なるげるる ぴょるちょ

닿는 순간 내 Touch 날개를 펼쳐

触れた瞬間僕のTouch 翼を広げて

 

おんもめ ぬっきょじぬん おんぎるる なぬぉ Beyond the kiss

온몸에 느껴지는 온기를 나눠 Beyond the kiss

全身に感じる温もりを分かち合って Beyond the kiss

 

You got me feelin' like

You got me feelin' like

 

とっとっ ねべんぬん Attitude

툭툭 내뱉는 Attitude

ぽんぽんと吐き出すAttitude

 

ちゃむる じゅる あぬん ちゃせ Know I love it too

참을 줄 아는 자세 Know I love it too

我慢する姿勢 Know I love it too

 

しくさんはん めんとぅわぬん ごりが もろど

식상한 멘트와는 거리가 멀어도

うんざりするようなコメントとはかけ離れていても

 

めいる はご しぽ のわぬん むぉらど

매일 하고 싶어 너와는 뭐라도

毎日したい君となら何でも

 

ね げるろり おじっ がるらていあ

내 갤러리 오직 갈라테이아

僕のギャラリー ひとえにガラティア

 

こどかん ぬんびっと おっち あるむだうんが

고독한 눈빛도 어찌 아름다운가

孤独な眼差しも どうして美しいのか

 

ぴわ さる ぬっきょぼりょった

피와 살 느껴버렸다

血を 肉を感じてしまった

 

さるみょし ほりちゅむ ぶよちゃば

살며시 허리춤 부여잡아

そっと腰をつかんで


I want you I want you

 

I want you I want you うぃてろうぉ

I want you I want you 위태로워

I want you I want you 危うい


And I know yeah I know yeah

 

I know うぉなじゃな

I know 원하잖아

I know 望んでるでしょ

 

たんぬん すんがん ね Touch たぐぺじん すむぎょる

닿는 순간 내 Touch 다급해진 숨결

触れた瞬間僕のTouch 焦った息遣い

 

いじぇん すむぎる す おぷそ ねが いっくぬん でろ うむじぎょ

이젠 숨길 수 없어 내가 이끄는 대로 움직여

もう隠せない 僕が導くままに動くんだ


You got me feelin' like

You got me feelin' like

You got me feelin' like

 

Last touch っけうぉ のらん さむ

Last touch 깨워 너란 삶

Last touch 目覚めるんだ 君という人生

 

するぐぁ びちゅろ ちゃむぎん たうむ

술과 빛으로 잠긴 다음

酒と光に浸ったそのあと

 

ぼんっちょぎぬん っくめ ぱむ おんおめ ぶるぐん ぴっき どら

번쩍이는 꿈의 밤 온몸에 붉은 핏기 돌아

ぴかっと光った夢の夜 全身に赤い血の気が差す

 

と ちっけ Blue love is like a bomb

더 짙게 Blue love is like a bomb

もっと濃くBlue love is like a bomb

 

Gumちょろむ ぶとら Kiss and hug

Gum처럼 붙어라 Kiss and hug

Gumのようにくっついて Kiss and hug

 

ほっどるじ あな

헛돌지 않아

偽りじゃない

 

と と と と っとぅごうぉじじ ね そがね のん

더 더 더 더 뜨거워지지 내 속 안에 넌

もっともっともっともっと熱くなるから

僕の中の君は

 

なるる せうん ぬんびちぇ

날을 세운 눈빛에

鋭い眼差しに

 

のるる かどぅっ たむるげ

너를 가득 담을게

君をいっぱいに込めるよ

 

Me and You っくぁ ちゃん Moon

Me and You 꽉 찬 Moon

Me and You ぎゅっと詰まったMoon


Hold me


You got me feelin' like

You got me feelin' like

You got me feelin' like

 

***********************************

 

取り急ぎ・・今回あまりにも良い。いつも良いですけど今回も相当良い・・

【PENTAGON】断片動画が良すぎた話

事件事件事件事件。事件です。や、事件っていうのか?事件。事件?まあいっか!事件です!!!(興奮していることが伝われば何よりです)

我らが(我らが?)PENTAGONさん12枚目のミニアルバム発売に先駆けて、ハイライトメロディ(PENTAGONさんはいつもオーディオスニペットと言うんです。スニペットって「断片」って意味らしいですよ。1つ賢くなりました、私)が公開されたんですが…皆さん聴きました?!


www.youtube.com

いや、あの、マジでマジなマジの歴代級スーパー特大ホームラン打ち上げてきてるんですよ…。私、いつだか「ハイライトは聴かない派!」とか言ってた時期がありましたが、そんな信条はどこか遠くで捨てて燃やした2022年の私です、あけおめです。
だってなんか音楽に合わせてPENTAGONさんが動いてるんですよ。リップシンクまでしちゃってるんですよ。つまりはこの2分半、各曲で言えば数十秒のためにPENTAGONさんたち働いてくれたわけで…ありがたすぎる…今までここにPENATGONさんが登場した記憶がなくて(あったらゴメンナサイ)、ありがたさでより興奮している所存。てなわけで、据え膳食わぬは何とやらと言いますし (全力で使い方が違う)、ありがたぁ~~~~く拝聴した次第です。

とは言っても。数十秒で何がわかるんや~~いと言われたらね、分からないことの方が多い、というのが正直なところ。でも恐らくこの約2分半はアルバムを知るためにあるのではないのです。さっき「オーディオスニペットとPENTAGONさんは言うんです」と言いましたが、まさにアルバムの「断片」を聴かせることで、1週間後に全貌が明かされるアルバムの期待値を上げて上げて、爆上げしてさらに上げる……という役割があると私は思うのです(誰?)。そんな期待値爆上げ爆煽りツールにこれまで登場したことのなかったご本人たちが登場し、さらには曲に合わせて衣装もメイクも変えて、なんなら歌って動いちゃっている。オタク、沸くしかない。それしかない。 24日まで生きる糧になりました、ありがとうPENTAGON。

前置き長すぎて自分に引いてるオーディオスニペット。本題です。1つ1つの曲はさることながら、あっちもこっちもビジュアル強くて控えめに言っても毎秒名場面。えぐいって~~~それはえぐいって~~~~が、×8いました。とんだビジュアル集団だよね!!! ずっと良すぎて何が良かったとか話すにはあと3時間くらい話をまとめる時間が欲しいんだけれど、雑然とした頭のままで話しますね。文章が取っ散らかってるのはいつものことなのでお許しください。かろうじてトラック順に話すことだけはできそうなのでそうします。

 

Ⅰ. Feelin' Like
作詞:ライアン ジョン, Kristin Marie, Vegard Hurum, Jop Pangemanan
作曲:HAEE, キノ, ジノ, ウソク
編曲:ライアン ジョン, Vegard Hurum
今回のタイトル曲です。何が楽しみって作詞にまさかのジノさんの名前…!いや待ていつ作ったんだこの曲・・という疑問は、今は堪えて胸にしまっておきたいと思います( ) じんほさんの歌声響き渡りまくりなのでほんと~~~~~~~にうれしい!

 

Ⅱ. One Shot

作詞:ウソク, NATHAN, シノン
作曲:ウソク, シノン
編曲:NATHAN, MILLENNIUM

さあさあ、さあさあ。お待ちかねのSWS!!シノンウソク制作曲!!絶対ストックあるよなこの二人~~~~!って思いつつもなかなか収録されることは無く…そんなわけなので、楽しみに決まっているのです。アルバムに収録されたシノン曲でいうと、全員が参加したROUND2を除いたらAlienぶりですか?今回のも遊び心に溢れていそうな予感。めちゃ楽しみ。コテクが世に産み落とした名作ロック「WTH」のような、ロックっぽい感じでしょうか。掛け声なんてあるのか知らんけど、いつかライブで「はん!たん!」って叫びたい。

 

Ⅲ. The Game
作詞:ウソク, NATHAN, yunji, HOHO
作曲:ウソク
編曲:NATHAN, yunji
じんほさんの「ハハ チェミヌン ゲイム」が大優勝でしかないことを感じると同時に、こりゃあじんほさんにしか出せねぇ貫禄だよ‥と噛み締め、じんほさんの帰還をひしひしと、そりゃあもうひしひしと実感するのでありました。(終) ジノオッパおかえり!!!!!!!!!!!! 全編通してこの曲の映像が勝ちすぎ。ユシンイェンのビジュアルで画面割れた。

 

Ⅳ. Call My Name
作詞:キノ, キム シオン, Milano
作曲:キノ, HAEE, ウソク
編曲:キム シオン, ソン ヨセフ, Hyeogdu Choi
1音目からがっちがちにキノ曲ムードが漂っていて好き~~~~~~!カンヒョング節炸裂していてたまらないです。キノちゃんこういう曲作ったらまじでピカイチ。タイプの異なる作曲家が何人もいるPENTAGONさん、改めて素敵です。さらにもうひとつ沸いちゃったポイントが。編曲のクレジットをよ~~~く見てみると、unordinary sundayのプロジェクトで2度タッグを組んでるhyeogud Choiくんの名前が~~~~!!!この名前見てこの曲をもう一度聴くとPOISONやSunflowerを思い出します。そんで、わかる。ってなる(笑)

 

Ⅴ. Sparkling Night
作詞:キノ, ROAMER DOZE
作曲:キノ, ウソク
編曲:ROAMER DOZE
メロディ好きすぎて優勝。サビなのかイントロなのかまだ分かりませんがとにかく好きすぎて既にずっと聴いてます。すとぅるるっとぅ~♪のやわらかさと陽だまりにいるようなあったかさ、たまりません。Sparklingと名の付く通り、音がきらきら弾けて自分の周りをちらちら舞っているような感覚。だけど、純粋にポップで明るい!ってわけじゃなくて、どこか儚さというか懐かしさというか切なさみたいなものを感じるのはカンヒョングの魔法。勝手なイメージは明け方の遊園地。朝早く起きた時の明け方というよりも、夜更かししてそのまま、みたいな明け方。伝わったかな。早く全貌が知りたい。

 

Ⅵ. BAD
作詞:ウソク, Siixk Jun
作曲:ウソク
編曲:Siixk Jun
こういうのミディアムバラードと言うんでしょうか?ウソクちゃんの作る曲って、音がす~っと流れてくるというかしみ込んでくるというか。メロディそのものが聴く側に寄り添ってくれるような優しさが印象的だよなあと勝手に思っています。穏やかで優しいウソクちゃんの人柄がまんま曲に現れていて好き。安達君にも言えるけど、たごにのラッパー陣がつくるバラードってめっちゃ綺麗なんだよな。


というわけで。今回本当に全曲ど真ん中どストレートに好きすぎて感情の整理ができていません。大興奮しています。現場からは以上です。
ところで今回のアルバムの作曲ってキノ曲を除いて全部携わってるんですよね、ペンジェルベことチョンウソク。作曲だとタイトルとキノ曲以外、作詞だと全曲。「ロールモデルはフイひょん」と言い続け、ついにこの時が来たというわけです。ドキドキしているんだろうな…。Daisyで1位とったとき「曲を作った時にメンバーや(外国人メンバーの)ユウトやイェナニひょん、全員が気に入るものじゃなかったら申し訳ない」って泣いたウソクちゃん。もちろん、ファンや聴く人への思いもあるんだろうけど、まずはメンバーたちが気に入るような、喜ぶような曲を書きたいって気持ちがすごくあったかく思えたんですよね。今回どういった気持ちで曲を作ったのか、いつか知れる機会があればいいなと思います。

思いのほか長くなりすぎました!最後に本オーディオスニペットMVPとさせていただきましたユシンイェン置いて終わります。カムバックまで残り僅か!心の底から楽しみです!

f:id:tmjupzp14:20220118085827j:plain

 

만남은 쉽고 이별은 어려워 (Feat. Leellamarz) (Prod. TOIL) - Basick

※和訳等、間違いがあるかと思います。 直訳・意訳含みますのでニュアンス程度にご覧ください 

만남은 쉽고 이별은 어려워 (Feat. Leellamarz) (Prod. TOIL) - Basick

作詞:Basick, Leellamarz

作曲:TOIL, Kleine, Leellamarz, JAEHA

編曲:TOIL


www.youtube.com

 

まんなむん しゅぃぷこ いびょるん おりょう

만남은 쉽고 이별은 어려워

出会うのは簡単で別れるのは難しい


ぬんびちぇ べいる どぅっ うりん なるかろうぉ

눈빛에 베일 듯 우린 날카로워

眼差しで切られるように俺たちは鋭い


まちむぴょるる っちっこ なん ちょぐむ と もるり がりょ へ

마침표를 찍고 난 조금 더 멀리 가려 해

終止符を打って俺はもう少し遠くへ行こう


まんなむん しゅぃぷこ いびょるん ちゃむ おりょう

만남은 쉽고 이별은 참 어려워

出会うのは簡単で別れるのはすごく難しい


あじっど きおんな ちゃ あね こんぎが

아직도 기억나 차 안의 공기가

まだ覚えてる 車の中の空気が


ちょうむ どぅろっする って まうみ っちゃりってっとん むぉんがが

처음 들었을 때 마음이 짜릿했던 뭔가가

初めて聴いた時に心が痺れた何かが


ゆくさりおっちまん あらっそっち むぉんが たるだん ごん

6살이었지만 알았었지 뭔가 다르단 건

6歳だったけど知っていた 何か違うってこと


くろっけ しゅぃぷけ まんなげ どぇぬん ごや っくみらん ごん

그렇게 쉽게 만나게 되는 거야 꿈이란 건

そうやって簡単に出会うことになる 夢ってやつは


しがに ふるろそ いじぇ うまぐん ね のりが どぇっこ

시간이 흘러서 이제 음악은 내 놀이가 됐고

時間が流れて 今 音楽は俺のおもちゃになって


とぅっこ ったらまん ぶるぎえん ねげぬん むぉんが ぷじょけっそ

듣고 따라만 부르기엔 내게는 뭔가 부족했어

聴いて真似して歌うには 俺には何かが足りなかった


くれそ しれんえ おるむぎょっち

그래서 실행에 옮겼지

だから実行に移したんだ


ぱんえそ ほんじゃ っくむまん っくっとん もすぶ

방에서 혼자 꿈만 꾸던 모습

部屋で一人 夢だけ見てた姿


かさるる っすご ぶるる って さしる ねが せんがけっとん ごん

가사를 쓰고 부를 때 사실 내가 생각했던 건

歌詞を書いて歌う時 本当は俺が考えてたのは


とらがや はるっか なあがや はるっか

돌아가야 할까 나아가야 할까

戻るべきか 進むべきか


ふぁのわ ぱくす そりるる どぅるる って

환호와 박수 소리를 들을 때

歓声と拍手の音を聞くと


っとなや はる ごっかっち うぇ

떠나야 할 것 같지 왜

去るべきだと感じる なぜだか


ちぐむ っとなそ あるむだうん きおぐろまん かんじけ

지금 떠나서 아름다운 기억으로만 간직해

今去って 美しい記憶としてだけしまっておく


たどぅる っくみらん ごん いるじ もたん ちぇ っくごまん さぬんで

다들 꿈이란 건 이루지 못한 채 꾸고만 사는데

みんな夢というものを叶えられないまま生きてるのに


It’s OK くぇんちゃな なん ましらど ぶぁっちゃな

It's Ok 괜찮아 난 맛이라도 봤잖아

It's Ok 平気だ 俺は味わっただろ


たし ひょんしるろ とらが くれ ちぃじかご ちゃる さら

다시 현실로 돌아가 그래 취직하고 잘 살아

また現実に戻って そうだな 就職でもして幸せに生きていけ


ちゃる いじょじご いっちゃな

잘 잊혀지고 있잖아

ちゃんと忘れられてるじゃん


くろんで ちゃっく うぇ なん っと かさうる っくじょぎぬん ごるっか

그런데 자꾸 왜 난 또 가사를 끄적이는 걸까

なのに何度もどうして 俺はまた歌詞を書いてるのかな

 

まんなむん しゅぃぷこ いびょるん おりょう

만남은 쉽고 이별은 어려워

出会うのは簡単で別れるのは難しい


ぬんびちぇ べいる どぅっ うりん なるかろうぉ

눈빛에 베일 듯 우린 날카로워

眼差しで切られるみたいに俺たちは鋭い


まちむぴょるる っちっこ なん ちょぐむ と もるり がりょ へ

마침표를 찍고 난 조금 더 멀리 가려 해

終止符を打って俺はもう少し遠くへ行こう


まんなむん しゅぃぷこ いびょるん ちゃむ おりょう

만남은 쉽고 이별은 참 어려워

出会うのは簡単で別れるのはすごく難しい


おりょぷけ しがに ちなご

어렵게 시간이 지나고

どうにか時間が経って


たしぐむ まんなん く っくむん っくぇ ばんっちゃぎょっち

다시금 만난 그 꿈은 꽤 반짝였지

また出会ったその夢は物凄く輝いてた


いじぇぬん よんうぉなる ごんまん がたっとん

이제는 영원할 것만 같았던

今では永遠のように思えていた


く しがぬん ちゃむっかにおっち

그 시간은 잠깐이었지

時間は僅かだった


くろっけ おりょぷけ のあじゅぉっそんぬんで

그렇게 어렵게 놓아줬었는데

そうやって苦しんで手放したのに


しゅぃぷけ たし わった もろじぬん ごん

쉽게 다시 왔다 멀어지는 건

簡単にまだ戻ってきて離れていくのは


ね うぃじわん たるら もろじぬん ごる

내 의지완 달라 멀어지는 걸

自分の意志と違って遠ざかることを


いんじょんはぎぬん ちゅっきぼだ しろ

인정하기는 죽기보다 싫어

認めるのは死ぬよりも嫌だ


そぷそぱる っぷにじ もじゃらん ね ちゃしなんて

섭섭할 뿐이지 모자란 내 자신한테

うんざりするだけ 足りない自分自身に


こじんまれっそっとん なるどぅり ぱんどんどぇ 

거짓말했었던 날들이 반복돼 

嘘をついていた日々が繰り返される 


さしる あるご いっとん ごんどぅりんでど なん もるん ちょっ

사실 알고 있던 것들인데도 난 모른 척

本当は分かっていても気づいてないふり


むんじぇが おんぬん ちょっ おんじぇな ちょっぷにおっち

문제가 없는 척 언제나 척뿐이었지

問題ないフリ いつでもフリばかりだった


ちゃる どぇがぬん ご はなど おんぬんで

잘 돼가는 거 하나도 없는데

上手くいってることは1つもないのに


ね ちゃじょんしむ ちぇんぎぬん ごっぷにおっち

내 자존심 챙기는 것뿐이었지

自分のプライドを守るだけだった


おっちょみょん あるご いっそっち もどぅん ごる

어쩌면 알고 있었지 모든 걸

もしかすると分かっていた すべてを


あに あるご いっそっそ じょんぶと

아니 알고 있었어 전부터

いや、分かっていた 初めから


うぇ もるげっそ I ain't dumb

왜 모르겠어 I ain't dumb

どうして分からないんだ  I ain't dumb


いびょるん おりょぷちまん ぴはる す おんぬん ご がた

이별은 어렵지만 피할 수 없는 거 같아

別れは難しいけど避けられないみたい


じゅんびぬん いぇじょんぶと へんぬんじど もるら

준비는 예전부터 했는지도 몰라

準備は昔からしていたのかも


いじぇぬん せんぎん ご がた まちむぴょるる っちぐる よんぎが

이제는 생긴 거 같아 마침표를 찍을 용기가

今はできたみたい 終止符を打つ勇気が


っくんなど くぇんちゃな ちょんまる す いんぬん ごん た へぶぁっそ

끝나도 괜찮아 정말 할 수 있는 건 다 해봤어

終わっても平気だ 本当にやれることは全部した


たうむ ぺいじえ っくんなど ちょあ

다음 페이지에 끝나도 좋아

次のページで終わってもいい


くれそ ごぎえ のが いったみょん

그러나 거기에 너가 있다면

だけどそこに君が居たなら


い いぇぎえ っくとぅる みるる ごや

이 얘기의 끝을 미룰 거야

この話の終わりを先延ばしにするんだ


くげ ねが うぉなどん ぎょるまる

그게 내가 원하던 결말

それが俺が望む結末


あじっど おりょうぉ いみ へぶぁっとん いびょりらど

아직도 어려워 이미 해봤던 이별이라도

まだ難しいよ もう経験してみた別れだとしても

 

まんなむん しゅぃぷこ いびょるん おりょう

만남은 쉽고 이별은 어려워

出会うのは簡単で別れるのは難しい


ぬんびちぇ べいる どぅっ うりん なるかろうぉ

눈빛에 베일 듯 우린 날카로워

眼差しで切られるみたいに俺たちは鋭い


まちむぴょるる っちっこ なん ちょぐむ と もるり がりょ へ

마침표를 찍고 난 조금 더 멀리 가려 해

終止符を打って俺はもう少し遠くへ行こう


まんなむん しゅぃぷこ いびょるん ちゃむ おりょう

만남은 쉽고 이별은 참 어려워

出会うのは簡単で別れるのはすごく難しい

 

くでが なる っとながんだん まるまん はじ あんぬんだみょん

그대가 날 떠나간단 말만 하지 않는다면

君が俺から去っていくことさえ言わないなら


い じゃりえ そ いっするけよ

이 자리에 서 있을게요

この場所に立っているから


くでが なる っとながんだん まるまん はじ あんぬんだみょん

그대가 날 떠나간단 말만 하지 않는다면

君が俺から去っていくことさえ言わないなら


い じゃりえ

이 자리에

この場所に

 

まんなむん しゅぃぷこ いびょるん おりょう

만남은 쉽고 이별은 어려워

出会うのは簡単で別れるのは難しい


ぬんびちぇ べいる どぅっ うりん なるかろうぉ

눈빛에 베일 듯 우린 날카로워

眼差しで切られるみたいに俺たちは鋭い


まちむぴょるる っちっこ なん ちょぐむ と もるり がりょ へ

마침표를 찍고 난 조금 더 멀리 가려 해

終止符を打って僕はもう少し遠くへ行こう


まんなむん しゅぃぷこ いびょるん ちゃむ おりょう

만남은 쉽고 이별은 참 어려워

出会うのは簡単で別れるのはすごく難しい 

 

*******************************************

今回のSMTM、好きな曲多すぎます。これ歌ってるときのBasickさんすっごくかっこいい。

 

【PENTAGON】第2幕への招待状:「INVITE U #NOUVEAU」

 

皆さま~!新年あけましておめでとうございますっ!

新年早々PENTAGONさんがじわじわと動き出していてワクワクがとまらない私です…。

 

f:id:tmjupzp14:20220103123731j:plain

 

1月24日まで修行確定。求:メンタル保持力。

 

アルバムタイトルは「INVITE U(IN : VITE U)」。直訳するとあなたを招待する、という意味でしょうか。PENTAGONさんから私たちへ、第2幕への招待状。心して、万全な体制を取って、喜んで足を踏み入れたい所存です。お招きいただき大変光栄でございます。さて、ダブルミーニングが大好きなPENTAGONさん。ここからは私の勝っっ手な深読みですが、「IN : VITE U」のVITEって「噛みつく、刺激」という意味をもつ「BITE」がかけられてたりしないかなあって思うのです。もちろん主意は「招待する」だと思うんだけど、そう考えると先日公開された蛇のココさん(PENTAGONインスタ参照)の登場とか、そもそも「誘うこと」自体を「刺激」と捉えることも現時点でできなくもないのよな、とか。考えすぎですか。そうですか。でもまあそれもまた醍醐味ってっことで!

さて、今回のカムバから公式ロゴも新しくなるようで。旧ロゴへの愛着はあるけれど、ジンホさんが帰ってきたタイミングでそこから変わるだなんて、本格的に第2幕のスタート感じちゃって心拍数上がりっぱなしです。ちなみにきゅぶドルの皆さんは5年を迎えるタイミングでどこのグループもロゴが変わってるんだって。知らなかった!まあ、かといってPENTAGONさんの根っこみたいなものはきっと変わらないのだろうから、PENTAGONの進化が楽しみすぎますね!!

てなわけで。本日0時に公開された#NOUVEAUシリーズのビジュアルモチーフ。見ました?皆さん見ました?やっっっべぇたごんさん爆誕してません???「NOUVEAU(ヌーボー)」はフランス語で「新しい」という意味。ちなみにもう一つのシリーズは#FLARE(フレア)。「ゆらめく炎」というような意味だそうです。こっちも楽しみだね…もうすでに頭パンクしそうだけどネ。ところで今回の約40秒の動画、毎秒良すぎてほぼ全部スクショしてしまったんですがどうやって並べていこうかな、、と頭を抱えているところです。全部載せたいけどたぶん収まらない。うううぅぅぅぅぅ…

 

とりあえず本編(本編?)でも見ながら考えることにします。


www.youtube.com

 

サムネのウソクちゃん強すぎてフリーズ。

 

 

……

 

 

よし。頭かきむしるくらい悩みそうだけど1人1枚選抜でいきましょう。

 

柔らかさの中に潜む鋭さ‥帰ってきた!ボス感溢れる長兄:ジノ

f:id:tmjupzp14:20220103114329j:plain

じ、ジノさんおかえり~~~!!!ってこないだも言ったけれど。もう一度、おかえり~~~!!これたぶんショーケースの時とかにもっぺん言うと思います。てかたぶんしばらく言います。あたたかい目で見守っていただけると幸いです。昨年11月に無事帰ってこられたお兄さん、御年31歳とのことです。こないだの8たごんVLIVEで「僕が31歳になるなんて…」と仰っていましたが、「いやいずれ皆なるんですよ…」とシンプルにツッコんでしまったことをここにお詫びしたいと思います。

そんなことよりこの見てくださいこの雰囲気を…(脱線したのも広げたのも私)!こないだのトレーラーでも思ったけど、しばらくこの「最高にカッコいい大人ジンホさん」を摂取していなかったせいかときめきが止まらないです。セクシーとはまた違う、柔らかな雰囲気の中に鋭さを潜ませているような、ね。わかりますよね、わかってくれると思います。ジンホさんの大きな大きな魅力これだったわ…!!と。かわいいちょじの☆も、もちろん大好きですけれどジンホさんの真髄はここにあると個人的には思っておりますのでね。良質ジンホさんいただきました。ありがとうございました。あとやっぱりPENTAGONのボスは貴方です。

 

スイートを自在に操る人、たぶん魔法使いの類:ホンソク

f:id:tmjupzp14:20220103135606j:plain

少し前からもふもふヘア貫いているやんほさんです。カムバ前に切るのかな~なんて思っていたらそのまま来たので万歳三唱しました。まんせ~~~!!短いのも似合うし長いのも似合うのです。つまりはヤンホンソクという存在が勝ち。

ところでホンソクさんって、彼にしか出せない甘さみたいなものがいつも漂っていると思いませんか。DO or NOTみたいな時でも今回のようなコンセプトでも、今回のようなカッコイイ時でも。いい意味でその甘さが作用して、貴方は本当に人の心をときめかせるよねと、例外なく心をときめかせながら毎度思っています。甘い=可愛いだけじゃないと教えてくれたのはやんほさんです(?)さらに言えばコンセプトごとに違う甘さを提供してくれるから本当にずるい。そうだ、彼はずるいんだ。「甘い」を自在に操ることにより世の人々を虜にしているんだ。そうか…。みなさん、このヤンホンソクという男、全人類を魅了するスイートさを操ります。危険です。ヤンホンソクと書いて、スイートと読みますし、スイートと書いて、ヤンホンソクと読みます。魅惑の人です。

 

好きィ…しか言えん。トータルバランス120点男:シノン

f:id:tmjupzp14:20220103141532j:plain

さ~~~て、みんな大好きコシノンだよっ(テンション)!泣く子も黙るモデル体型にすっと伸びた首、造形美がとまらないお顔。とにかくバランスが凄い。良いでしかない。こんなん「好きィ・・・」しか言えんって。他の語彙全部失くすって。そんなシノンさんにこんなシルバーのアクセサリー飾って、強気なストライプジャケット合わせたらさ、そりゃあ良いに決まってるんだって。世の摂理なんだって。DO or NOTの時のようなのもすっごく素敵だったけど、顔が良ければ良いほどこれくらいド直球との相乗効果って凄いよねと思います。

シノンさん、顔面やスタイルこそ強者のそれですが、彼の魅力って何といってもこのニュートラルな雰囲気だと私は思っていて。年齢的に中間だからっていうのもあるのかもしれないけどね。それでも感じる彼のこのニュートラルさからは安心感さえ抱いてしまうのです。それも、フイよんやジノさんがもたらす安心感とはまた少し違う角度のそれなのよなあ。シノンさんがいると色々な面でPENTAGONが整うというか、フラットになるというか、うーん、なんというか。日本語って難しいけれど、どこかに共感してくださる方がいるとうれしいです。要するに、シノンさんみたいな人が「へんぼけやどぇ」とか言うと刺さるに決まってるんだって。世の摂理なんだって。という話です。

 

とろっとした視線が罪すぎて全私が詰み:ヨウォン

f:id:tmjupzp14:20220103143831j:plain

この視線は罪じゃない?大丈夫そ??こんな目線を向けられたら、カムバを前に全ユニバース瀕死か石になりませんか?先ほどやんほさんで「甘さ」について言及しましたが、ヨウォンくんもまた、属性:スイートといったイメージで。やんほさんのスイートがお砂糖なら、ヨウォンくんのスイートは甘くて溶けそうな蜂蜜だと思うんですよね(やばい話してる?)。じわ~っと優しく広がるような、そんなスイートさです(ねえ、やばい話してる?)。何が言いたいかというと、この目が好きすぎてどうしたらいいかわかりませんってことです。初見時、3回は巻き戻したと思います。とか言ってたらヨウォンくんのVLIVE始まりました。基本ラジオスタイルを貫いている彼の個人LIVEすごく好き。寝るときのBGMにおおすすめです。よく眠れます。快眠をありがとう。

またもや話が逸れました。ここまでくると特技です。でね、ヨウォンくんの話。ヨウォンくんって正直、常にセンターにくるようなタイプではないよなあと思っているんです。もちろんタイミングでセンターになることはあるし、シントブリの時のようにバンバン前に出てきてくれ!!とは思っているんだけど(キノペン)。あくまで私のイメージですがそれは普段団体で話してる時も同じ気がしていて、すごくテンション高くて「うわ~~!」ってしてる時はあっても、常に中心にいるっていう印象ではなくて。でもね、だからこそヨウォンくんという花がフォーカスされたときに、その純粋さとか美しさに私はいつもハッとさせられるんだと思うんですよ。そこにいることも、綺麗なこともわかってたはずなのに。いざ目の当たりにしたときに、改めて心を奪われている自分がいるんですよね。見るたびに、気づくたびに心を奪っていく、罪な男です。本当に。今、ヨウォン君の口から出た「あけおめ~」が可愛すぎて死にそうなので一旦頭冷やしてきます。

 

これぞ、顔面宝石の所業:イェナン

f:id:tmjupzp14:20220103143848j:plain

で、でた~~~~~!!!強すぎてよくわからないのよ、もう。「顔が強いってこういうこと」を実証してくれている。彼こそがPENTAGON王国が誇る秘宝、そして天然記念顔面宝石であり国宝です。イェナンちゃんの寄りになって目の下のほくろが映るたびに「ほくろ取らないでくれてありがとう」と全力で叫んでいます。本当にありがとう。

全世界の美を凝縮したようなビジュアルをしていて本当に尊いです。気品さえ感じます。眉、目、鼻、口、全てのパーツがこれ以上ないバランスで並んでいて、それらが整然と並ぶお顔という名のキャンパスも、なんとも小ぶりで上品。嗚呼、尊い。少し前ですが「神様が推しを作るとき」みたいな画像流行ったじゃないですか。あれ、イェナンちゃんでやったら10割が美だと思うんだよね。それくらい、顔が強い。顔の話しかしないやん、顔だけ好きなのかよ!って思われるかもしれませんが、この神秘のビジュアルを前に顔の話に触れないことができるオタクがいるならぜひ挙手をお願いします。

 

進化がとまらない、:ユウト

f:id:tmjupzp14:20220103143922j:plain

あ~あ。安達くんがどんどんカッコよくなっていく。ま~たカッコよくなっちゃって、洗練されていってさ。日本男児・安達祐人、本当にカッコいいです。何がと言われるとニュアンス的なことすぎて説明が難しいんですが、この雰囲気は逆に韓国男児にはなかなか出せないものなんじゃないかなって思う。これだからPENTAGONってたのしいよね。普段メンバーのことを「カッコいい~」「かわいい~」と言いまくっている彼ですが、もうそろそろ自分のカッコよさ・可愛さも自覚してほしい。今年の私の願いです。ところで私服ではもう黒は着ないと言っていた安達くんですが、やっぱり黒似合いますよね。黒髪もすっごく似合うし。色のある私服、もちろん似合ってるのだけれど、私服オールブラックな安達くんの復活も地味に願っています。

安達くんに関しては先ほど「洗練」というワードを使いましたが、本当にここ最近のブラッシュアップ感というか、どんどん洗練されていってる印象がすごくて。ある意味1番進化止まらないのこの人なのかもしれないとさえ思う。それまでそうじゃなかったというわけではないんだけど、自分のしたいことだったり挑戦したいことだったりを積み重ねていってるってことなんだろうなって思うわけなのです。それなのにVLIVEとかすると相変わらずゆる~~~いから、いよいよ沼が凄そうです。言ったじゃん私、安達くんは非常~~~~~に危険な沼だと思いますよって(誰)。

 

言葉、いります?:キノ

f:id:tmjupzp14:20220103144004j:plain

上質。あまりにも上質ヒョングさんがそこには居ました。「かっこいい」とか「かわいい」とかもうそんな言葉いらん。今日も今日とて、存在にありがとう。言葉で説明しない代わりと言っては何ですが、私的良質ヒョングさん置き逃げしておきます。

f:id:tmjupzp14:20220103144104j:plain

f:id:tmjupzp14:20220103161911j:plain

 

そうはいってもうちゅちゅしたいじゃん:ウソク

f:id:tmjupzp14:20220103144407j:plain

最後の最後に怪しい見出しつけてしまいましたが。なんかウソクちゃんが大人!!大人です!!大人なんです!!!(それはそう) ロールモデルはフイよんと言い続け、ついにその役をしっかりと担った我らがペンジェルベ、ウソクちゃん。とっても誇らしくってたまりません。ほんと、自慢のペンジェルベです(?) PENTAGONさんって右見ても左見ても「顔が良い」しかおらんので「個」を形容せずに終わりがちなんですが、ウソクちゃんってまじで冷静に顔が綺麗。この子もたぶん主食:ダイヤモンド(違います)。何をしたらそんな比率でお顔が形成されるのか不思議だわ本当に。DO or NOTの時とコンセプトが180度異なるからか、いつもよりも大人なウソクちゃんにどぎまぎしてしまっている年上ユニバースは絶対に他にもいると確信しています。皆さん隠れずに出てきてください(圧)。

そんな大人なウソクちゃん。タイトルの作曲こそ違うとはいえ今まで以上にアルバム全曲に参加して、さぞかし緊張していることだろうと思うと、こんだけカッコいい顔していてもみんなで囲って(囲って?)全力でうちゅちゅしたいと思ってしまうよね。仕方ないじゃん、ペンジェルベは永遠にペンジェルベなんよ。いずれにせよ、どうやってもウソクちゃんにベイビー感を感じてしまうのはもう許してほしいです、ということをここに記しておこうと思います。

 

・・・ハイ。

 

なんか途中から自分が何書いてるのか分からなくなってたけれど、これにて全メンバー終了です。あとは明日から3日間#NOUVEAUのコンセプトイメージが続いて、終わったら今度は#FLARE。まだまだ道のりは長いです。皆さん頑張って生きましょうね!!

f:id:tmjupzp14:20220103164632j:plain

ウソク×シノンのOne shotは楽しみでしかない。