いぇっぷぐな HER!

K-POP愛を、思うままに。

camellia(동백꽃) - PENTAGON【和訳 / カナルビ / 歌詞】

※和訳等、間違いがあるかと思います。

直訳・意訳含みますので

ニュアンス程度にご覧ください🙇

-------------------------------------------------

camellia(동백꽃) - PENTAGON

作詞:우석, FCM 후디니

作曲・編曲:FCM 후디니, 유토, FCM 랭보

www.youtube.com

うりが さらんへっとん けじょり おぬせ

우리가 사랑했던 계절이 어느새

僕ら愛し合った季節がいつの間にか

 

よるどぅぼにな ぱっくぃおっちまん なん ぬる っとっかた

12번이나 바뀌었지만 난 늘 똑같아

12回も変わったけれど僕はいつも同じ

 

のわ はむっけ ぼねっとん しがんどぅるん

너와 함께 보냈던 시간들은

君と一緒に過ごした時間は

 

あるむだうん ちゅおぐろ びょねっそ

아름다운 추억으로 변했어

美しい思い出になって

 

ちゃがうん ぱらみ ったっとぅてじん どぅし

차가운 바람이 따뜻해진 듯이

冷たい風が温かくなるように

 

のるる っくぁっ ちゃっこ けそっ

너를 꽉  잡고 계속

君をぎゅっと掴んでずっと

 

うりん いじぇ ちゅんぶに 

우린 이제 충분히

僕らはもう充分

 

まぬん けじるどぅる ぼご わっちまん

많은 계절들을 보고 왔지만

多くの季節たちを過ごしてきたけど

 

いぼん きょうるど うりはんて

이번 겨울도 우리한테

この冬も僕らにとって

 

とぅっびょれっすみょん ちょっけんね

특별했으면 좋겠네

特別なものになるといいな

 

うりえ あるむだうぉっとん いやぎるる もあそ

우리의 아름다웠던 이야기를 모아서

僕らの美しかった話を集めて

 

とんべっこち ぴる むりょべ のえげ ちょねじゅご しぽ

동백꽃이 필 무렵에 너에게 전해주고 싶어

椿が咲くころに君に伝えてあげたい

 

ちゅうん きょうるぱらめど と ふぁなげ ぴお じゅぉ

추운 겨울바람에도 더 환하게 피어 줘

冷たい冬の風の中でも明るく咲いてね

 

のるる ぼみょん い きょうるど ったっとぅたげ ぬる くれっどぅ

너를 보면 이 겨울도 따뜻하게 늘 그랬듯

君を見ながらこの冬も温かく いつもみたいに

 

ちゅうぉっとん きょうれぬん ったっとぅたみ かどぅかじ

추웠던 겨울에는 따뜻함이 가득하지

寒かった冬には温もりでいっぱいに

 

ぽむ よるむ かうれ っくん まちむぴょるる っちごがじ

봄 여름 가을의 끝 마침표를 찍어가지

春 夏 秋の終わり ピリオドを打つよ

 

せろうん けじょり おけっくむ きおげ そらぶる ちょんりはご

새로운 계절이 오게끔 기억의 서랍을 정리하고

新しい季節が来るように 記憶の引き出しを整理して

 

へんぼけっとん おれぬん あしうみ じぇいる くだぬん

행복했다 올해는 아쉬움이 제일 크다는

幸せだった今年は 心残りが一番大きいという

 

く まうむ はなろ

그 마음 하나로

その気持ちひとつで

 

きおけ ちょうむ ねげ ぼよっとん ぬんむる

기억해 처음 네게 보였던 눈물

覚えていて 初めて君に見せた涙

 

のど など まに おろっち あま

너도 나도 많이 울었지 아마

君も僕も たくさん泣いたでしょう、きっと

 

く ちんしみ のむ くぁぶね ねげん

그 진심이 너무 과분해 내겐

その本当の気持ちがとても身に余る 僕には

 

い きょうれ ぴぬん とんべっこちぇ く っこんまる がたそ

이 겨울에 피는 동백꽃의 그 꽃말 같아서

この冬に咲く椿の花言葉みたいで

 

うりえ あるむだうぉっとん いやぎるる もあそ

우리의 아름다웠던 이야기를 모아서

僕らの美しかった話を集めて

 

とんべっこち ぴる むりょべ のえげ ちょねじゅご しぽ

동백꽃이 필 무렵에 너에게 전해주고 싶어

椿が咲くころに君に伝えてあげたい

 

ちゅうん きょうるぱらめど と ふぁなげ ぴお じゅぉ

추운 겨울바람에도 더 환하게 피어 줘

冷たい冬の風の中でも明るく咲いてね

 

のるる ぼみょん い きょうるど ったっとぅたげ

너를 보면 이 겨울도 따뜻하게

君を見ながらこの冬も温かく

 

とりきょぼみょん ちゃれじゅん ごんぼだ

돌이켜보면 잘해준 것보다

振り返ってみると できたことよりも

 

と くん さらんうる なん ぱだっそ

더 큰 사랑을 난 받았어

もっと大きな愛を僕は受け取った

 

ねが いごばっけ あん どぇぬんで

내가 이거밖에 안 되는데

僕はこれ以外にできないのに

 

に あね はんさん ねが いったぬん げ

네 안에 항상 내가 있다는 게

君の中にいつも僕がいるということ

 

うりえ あるむだうぉっとん いやぎるる もあそ

우리의 아름다웠던 이야기를 모아서

僕らの美しかった話を集めて

 

とんべっこち ぴる むりょべ のえげ ちょねじゅご しぽ

동백꽃이 필 무렵에 너에게 전해주고 싶어

椿が咲くころに君に伝えてあげたい

 

ちゅうん きょうるぱらめど と ふぁなげ ぴお じゅぉ

추운 겨울바람에도 더 환하게 피어 줘

冷たい冬の風の中でも明るく咲いてね

 

のるる ぼみょん い きょうるど ったっとぅたげ ぬる くれっどぅ

너를 보면 이 겨울도 따뜻하게 늘 그랬듯

君を見ながらこの冬も温かく いつもみたいに

 

うりが さらんへっとん きょじょり おぬせ

우리가 사랑했던 계절이 어느새

僕ら愛し合った季節がいつの間にか

 

よるどぅぼにな ぱっくぃおっちまん なん ぬる っとっかた

12번이나 바뀌었지만 난 늘 똑같아

12回も変わったけれど僕はいつも同じ

 

のわ ねが さらんへっとん けじょり おぬせ

너와 내가 사랑했던 계절이 어느새

君と僕が愛し合った季節がいつのまにか

 

よるどぅぼに ぱっくぃおっちまん なん

12번이 바뀌었지만 난

12回も変わったけれど、僕は

 

f:id:tmjupzp14:20200309130255j:plain