いぇっぷぐな HER!

K-POP愛を、思うままに。

Balloon – ZICO【和訳 / 歌詞 / カナルビ】

※和訳等、間違いがあるかと思います。 意訳も含みますのでニュアンス程度にご覧ください🙇

******************************************

Balloon – ZICO

作詞:ZICO

作曲・編曲:ZICO, Stay Tuned

www.youtube.com

アニメになったジコさん非常に可愛い。眉毛可愛い。THINKING Part.2、11.08.リリース。楽しみです。音盤やっぱり出すんだね。死んでも手に入れます…。

 

はるっちゅむん のぴ っとぅこ しぽ

하루쯤은 높이 뜨고 싶어

1日くらい高い所に浮いてみたい

 

ちゅぬっ どぅん ね もむる ぷぷるりょ

주눅 든 내 몸을 부풀려

気が抜けた僕の身体を膨らませて

 

ったき ぱらどん せっかるん おぷそ

딱히 바라던 색깔은 없어

特に望んだ色はないよ

 

あむ とぅめな っきょ いっすみょん くまにや

아무 틈에나 껴 있으면 그만이야

どこかの隙間にはまったらおしまいだな

 

こじる でる こじょ ぼりょんぬんで

커질 대로 커져 버렸는데

大きくなるままに膨らんでしまったけど

 

そげ どぅん こらごん もるれ さむきん はんすむ

속에 든 거라곤 몰래 삼킨 한숨

中にあるのはこっそり飲み込んだ溜息

 

ねいる なん おるまくむ さらじるっか

내일 난 얼마큼 사라질까

明日 僕はどれくらい消えるだろうか

 

とぅんぐるげ とぅんぐるげ でちゅん のもが

둥글게 둥글게 대충 넘어가

まあるくまあるく 大体でいいんだ

 

っせん

ひゅうっと

 

はぬるる ならがぬん どぅっ

하늘을 날아가는 듯

空を飛んでいくように

 

ぱらめ っとみるりょ がぬん

바람에 떠밀려 가는

風に押されていく

 

むぎりょかん ちょんじぇいる

무기력한 존재를

無気力な存在を

 

くでん しるすろ のっちん ごんがよ

그댄 실수로 놓친 건가요

あなたは誤って手放したのでしょうか

 

いるぶろ ってぃうん ごんがよ

일부러 띄운 건가요

あえて浮かべたのでしょうか

 

てだぱる ぴりょぬん おぷそよ

대답할 필요는 없어요

答える必要はないよ

 

かっくむ せげ あんぎょ ぽご しぽ

가끔 세게 안겨 보고 싶어

たまには強く抱かれてみたい

 

な じょむ みり ととぅりょ じゅら

나 좀 미리 터트려 주라

僕のことは先に破裂させておいて

 

もそりろ っぺごかん せさんうん

모서리로 빼곡한 세상은

角がぎっしり詰まった世界は

 

ぬぐんが たんじゃん ちゅらかぎるる ぱらるごる

누군가 당장 추락하기를 바랄걸

誰かがすぐに墜落することを願んでいるでしょう

 

っとどぅるっそがん ぱてぃが っくんなみょん

떠들썩한 파티가 끝나면

騒々しいパーティーが終われば

 

ちょがんなん ちぇろ ぼりむぱどぅる ごや

조각난 채로 버림받을 거야

割れたまま捨てられるんだよ

 

こっくろ そんぬん ぬんむるぱんうら

거꾸로 솟는 눈물방울아

逆さまに湧き出るのは涙一粒

 

とぅんぐるげ とぅんぐるげ でちゅん のもが

둥글게 둥글게 대충 넘어가

まあるく まあるく 大体でいいんだ

 

っせん

ひゅうっと

 

はぬるる ならがぬん どぅっ

하늘을 날아가는 듯

空を飛んでいくように

 

ぱらめ っとみるりょ がぬん

바람에 떠밀려 가는

風に押されていく

 

むぎりょかん ちょんじぇいる

무기력한 존재를

無気力な存在を

 

くでん しるすろ のっちん ごんがよ

그댄 실수로 놓친 건가요

あなたは誤って手放したのでしょうか

 

いるぶろ ってぃうん ごんがよ

일부러 띄운 건가요

あえて浮かべたのでしょうか

 

てだぱる ぴりょぬん おぷそよ

대답할 필요는 없어요

答える必要はないよ

**********************************************

ついに全曲が出揃いました、THINKING。

feat.ペノの文字に静かに沸いてます。そして11曲目はどこへ…☜

 

KQを離れてKOZを設立し、リーダー、アーティスト、プロデューサーの肩書に「CEO」が加わったジコさん。ある意味の自由や決定権を得た代わりに、これまで以上の責任を負うことになるわけですが、そんなジコさんが私たちに「今の自分」を届けようと、丁寧に丁寧にこのアルバムを創ってきたことがひしひしと感じられます。

f:id:tmjupzp14:20191105145319j:image

ジコさんが出すアルバムはいつも、直接的にも間接的にもその時のジコさん自身を表現しているものだから、毎回毎回本当に愛しさがもの凄いです。愛しさが募りすぎてちょっと苦しささえ感じる(笑)。ジコさんの思いがそれだけ強いということなんだろうなあと思っています。

 

消費されてしまうことが常の音楽かもしれないけれど、少し立ち止まって、何度でも何度でも繰り返し聴きたくなる、私にとってTHINKINGはそんな1枚。間違いなく「ヒットさせる」ことが目的ではないこのアルバムを、これからもっとゆっくり時間をかけて愉しみたいなあと思っています。